* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.01.17 Tuesday * | - | - | -
* 私の失語症1 お助けカード
☆こんにちは、ミモザです☆

退院して、リハビリに通い始めの頃、何に一番困った汗かと言うとですね、

あらら、タクシーに乗っても、自分の行き先の単語を忘れてしまうと、いう事実の判明。

乗る前に、頭の中で言うべき単語は整理してから、乗っても、です。

今覚えていた単語を1分後に分らなくなる可能性があるのが、失語症[:がく〜:]。

それに私は、構音障害(いわゆる酔っ払いの方の口調を思って下さいまし)もありますし。

で、自分一人でタクシーに乗れるようになってからの私が、

リハビリから帰る時用に、夫に作って貰ったものがこれですぴかぴか

(行く時は、仕事に行く夫の車に便乗)

お助けカード(表)
お助けカード(裏)
裏表を撮ってあります。

これは、こんな内容のを作ってと、自分で頼んで作って貰ったものですが、

今から思えば、改良の余地ありですね、使った者としては・・・ウィンク

これに「住所」「簡単な地図」を加えたら、もっといいです上向き

最終的に運転手さんに「これを見せれば帰れる」、というカードの機能を持たせれば、

もっとよかったかな、と。

(それだと、裏表には書ききれない恐れが出てきます。

そんな時は、ノートや手帳よりも、厚紙で必要な分だけ枚数を作り、

それを事務用の穴を開けて通すリングで、まとめると使いやすいと思います。
 
あせると、片手では、なかなかノート等は、開けにくいので。

学生の頃の単語カードのビッグ版と思ってください。)

でも、これでも、持っているだけで、安心感にもつながりましたおはな

私は、これを「お助けカード」と称して、担当の理学療法士君から、

路線バスに乗れるお許しが出るまで、愛用させてもらいました。


今も、自分の名刺は、バッグの目の届く範囲の処に入れて、タクシーに乗ります。

あっ、それと行き先の住所と地図ね。

面倒くさい時は、その紙を運転手さんに預けちゃいま〜すマル秘。    


2008.04.03 Thursday * 09:50 | 失語症♪ | - | -
* スポンサーサイト
2017.01.17 Tuesday * 09:50 | - | - | -
<< 失語症  はじめに | main | 雲の乗り心地は如何ですか・・・? >>